HOME
AREA
CATEGORY
HOT WORD
ABOUT US
FEATURE
閉じる

FLLOW US

HOME > 江の島 > 「ホノルル食堂」

村上春樹も訪れた、長年地元に愛される湘南の食堂

「ホノルル食堂」

yukari | WRITER
WORD :
2015.11.01

湘南のサイコーに気持ちよい季節=夏が過ぎて、

その夏と同じくらい、湘南のサイコーに気持ちよい季節=秋がやってきました(笑)。

つまるところ、夏も秋も、春も冬も、どんなときも湘南はサイコーに気持ちよく、

人を骨抜きにしてしまう特別な場所なのであります。
 

今回は、そんな秋晴れの藍色空が広がるハワイのホノルル…..

いえ、『湘南のホノルル』を訪れました。

ホノルル食堂

『湘南のホノルル』……??
 

はい。

“ 湘南 ” の 、国道134号線沿いにある、“ ホノルル ” です。

ホノルル食堂

丼物、焼魚、煮魚、天ぷら、刺身。

「魚」っ。

 

そしてその右上、控えめに表記されているのがこちらの店名

『ホノルル食堂』さんです。

 

この対比とギャップ。

「うむ。でもまあ、うん。そういうことなんだよね。ですよね。」とかなんとか

とにかく妙に納得してのれんをくぐったならば、

もはやこのお店のやんごとなき魅力にどっぷりハマっている証拠です。

 

店内はカウンターとテーブル席があり、湘南の明るい光がはいります。

すぐとなりに国道、その奥にたくさんの人でにぎわう海岸があるにもかかわらず、

車のエンジン、人々の行き交う音やピーヒョロロと鳴くとんびの声は

落ち着かなくさせるどころか、1枚やわらかいフィルターをとおしたような、

ちょっとしたBGMっぽく通り抜ける気持ちよさ。

それは、どこか海上がりのボーッとする心地よさに浸るような錯覚と似ています。

ホノルル食堂

カウンターの中には、あうんの呼吸で黙々と調理と接客をこなす大将とおかみさん。

その合間に、本当に時折ふと二人がにこやかに話す様子は、とっても癒されます。

ホノルル食堂

この日は、お刺身、地魚の天ぷら、ミックスフライ、鯵のたたき、

お魚のかま兜焼きや煮付けなどなど… ホワイトボードには人気メニューがずらり。

この中からどれか1品を選ばなくてはいけないなんて。

ホノルル食堂

「えっと、どれも食べたいです。」

とりあえず一度だけ子供みたいなことをぼそっとつぶやいたら、アワアワする気持ちを落ち着けて

その時の自分の舌と胃袋に間違いない選択をさせるよう、かなり集中せねばなりません。

・・・。

この日は、『白身魚とエビのかき揚げ丼』をお願いしました。

ホノルル食堂

おかみさんの「お待たせしました」が、「メンバー揃いました」に空耳するほど(しない)

かき揚げ丼、お味噌汁、小鉢、お漬物、「これこれ!」感ほとばしる一品一品がひとつになって

おぼんにすっかり収まったさまは見事。

ホノルル食堂

えび、白身魚、お野菜、それぞれの比率が絶妙で、サクサクだしホクホクだし、口中が大忙し。

ほの甘いタレで、食べてるそばから食欲が沸いてくる魔法の丼ぶりです。

小鉢のひじきの煮物や、お味噌汁、お漬物は、その丼ぶりを脇から盛大に盛り上げるというよりも

とっても懐かしい味で全体をマイルドにしっかりとまとめてくれるようでした。

「ご馳走さまです。」
 

こちらのお店は、先代が営んでいた海の家「ホノルル」がはじまりとのこと。

店内に飾られたお写真を指し示して教えてくださいました。

夏の期間以外に海の家をしめる時期でも “ホノルル ”を…と、

海の家とはまた違った地魚を使った料理で営業をはじめたのがこちらの『ホノルル食堂』だそう。

なるほど、もともとは海の家からきた “ ホノルル ”であり、

長い年月の中で今でも変わらずにあり続ける “ ホノルル ” なんですね。

先代のお写真が嬉しそうにしているみたいに見えました。

ホノルル食堂

ビールを呑みながら本を片手にのんびりする人や、波乗り後のサーファーさんなど、

地元の人が多く集う知る人ぞ知るこちらのお店は、あの作家・村上春樹氏も通われていたというお店。

たくさんの人に、長年愛され続けてきた『ホノルル食堂』さんです。

 

のれんをくぐる前は、表看板にあんなにひっそりすみっこに書かれた『ホノルル食堂』の文字が

お店を出るころには他の文字にもまさる存在感で大きく映りました。

 

何度でも訪れたくなるような、

そんな “ 湘南のホノルル ” であります。

INFORMATIONインフォメーション

ホノルル食堂
住所:神奈川県藤沢市片瀬海岸3-24-25
営業時間:11:00(土日祝10:00)~ 14:00頃、(祝日の場合は営業)、6月17日~9月8日は海の家営業のため休業
電話番号:0466-24-3223

WRITERライター情報
yukari
yukari

アメリカ留学中に“映画を宣伝する仕事”に出逢い、 それから約12年間、映画祭運営や映画宣伝に携わってきました。 そして2年前、メインの活動場所が東京都内にもかかわらず念願の湘南にお引っ越し。 どんなに忙しくたって長距離電車移動だって、 全て癒してパワーをくれる湘南のスポット&魅力をお届けできたらと思います。
URL:

HOT WORD

注目キーワード

HOT WORD

注目キーワード

FEATURE

特 集

RANKING

今週のランキング

INSTAGRAM

Follow @shonanmag

MAGAZINE

フリーペーパーが出来ました

THE SHONAN MAG Vol.01
2015年10月発行

特集:湘南でカレー食べた?

FEATURE

特 集

AREA

エリア別