HOME
AREA
CATEGORY
HOT WORD
ABOUT US
FEATURE
閉じる

FLLOW US

HOME > 鎌倉 > 絶品干物の「魚三商店」

プロも納得!天日干しで作る、相模湾産の干物

絶品干物の「魚三商店」

yuya | WRITER
WORD :
2016.02.22

th_IMGP9663

雪ノ下から報国寺方面に散歩していると、「岐れ道」交差点辺りで、「魚三商店」が目に飛び込んできました。

th_DSC_2896

何やら魚屋さんのようですが、

th_DSC_2890

軒先で干物を作っておられます。

th_DSC_2893

近寄って覗いてみると、魚は身が厚く、脂が乗っているのが分かります。

th_DSC_2891

そこで、これは明らかに美味しそうだなと、何枚か買って帰ることにしました。

帰宅して調べてみると、こちらは鎌倉のレストランに魚を卸しているようで、
魚の目利きに定評のあるお店であることが判明しました。

悩みつつ選んだのは「秋の特大鯖」、「中まあじ」、「中かます」。

「中まあじ」

th_IMGP9663

鯵の香りとたっぷりの脂が食欲をかき立てます。
鯵の干物はお店によっては塩分が強すぎたり、干しすぎだったりしますが、
こちらの鯵は塩分控えめでジューシィです。

「中かます」

th_IMGP0016

こちらも鯵と同様に上品な仕上げ!
特に嬉しかったのが、脂の乗り具合。
カマスとしてはかなり脂が多く、焼いている時から涎が止まりません。

「秋の特大鯖」

th_IMGP0021

こちらの干物だけネーミングに少しひねりが利いておりましたが(笑)、
実際に大きく、半身ではなく一本丸々いただく喜びがあります。

鯵やカマス以上に上品な塩加減で、鯖の旨味を余すところ無く楽しめます。

700円と少しお高めでしたが、価格に納得の美味しさです。

ちなみに、他の2点は200円でした。

全体的に、完全手作りなのに良心的な価格と言えるかと。

干物は、天日干しで丁寧に作られるお店が減ってきており、
観光地になると工場で作ったものを平気で手作りのように売るところもあるので…

大変良いお店を発見した喜びをシェアしたく、この記事を書きました!

INFORMATIONインフォメーション

魚三商店
住所:神奈川県鎌倉市雪ノ下3-10-38
営業時間:7:00~18:00
電話番号:0467-22-1714

WRITERライター情報
yuya
yuya

料理も愛するタベアルキスト。鮨、日本料理、中国料理、エスニック料理が特に好きです。ネットやメディアの情報だけでなく、信頼出来る友人や料理人の方の情報も参考にして食べ歩いております。美食との出会いは人生を輝かしくするものだと思いますので、ご参考になれば幸いです!
URL:

HOT WORD

注目キーワード

HOT WORD

注目キーワード

FEATURE

特 集

RANKING

今週のランキング

INSTAGRAM

Follow @shonanmag

MAGAZINE

フリーペーパーが出来ました

THE SHONAN MAG Vol.01
2015年10月発行

特集:湘南でカレー食べた?

FEATURE

特 集

AREA

エリア別