HOME
AREA
CATEGORY
HOT WORD
ABOUT US
FEATURE
閉じる

FLLOW US

HOME > 鎌倉 > 「瑞泉寺」

国の名勝「岩庭」は必見。”錦の屏風のように美しい”と評される景色をもつ寺

「瑞泉寺」

羽佐田瑶子 | WRITER

sdim1854
著者撮影

秋の鎌倉は山が主役。紅葉など色づく葉が多い鎌倉の景観は、11月の中旬から終わりにかけて、赤や黄色に鮮やかに染まる。
対して物淋しい雰囲気になる冬。

観光客が少なくなる分、ゆっくり、ひんやりとした空気の山の中を散策するのはまた違った楽しみがある。壮大な紅葉も雪に染まる山々も、春夏秋冬の彩を感じることができる鎌倉随一の美しい寺が『瑞泉寺』だ。

 

”錦の屏風のように美しい”と評される景色


著者撮影

瑞泉寺は『金屏山 瑞泉寺』とよばれる。

寺を三方に囲む山々が秋になると紅葉し、その姿が錦の屏風のように美しいことから名付けられたそうだ。周辺の地名も「紅葉ヶ谷(もみじがやつ)」とよばれ、瑞泉寺までの道のりには自然が多く、もみじが象られた橋もかかるほど地域一帯が鎌倉の中でも指折りの美しい景色を誇る。
 


著者撮影

総門をくぐると、その緑の多さに驚くだろう。他の鎌倉にある寺社仏閣と比べても、山に囲まれているため境内には多くの自然が残り四季折々の花も咲きほこる。

山門に向かって、右手に延びる石畳の緩やかな階段をのぼる。ハイキングコース沿いにあるため、スポーティーな恰好で散策を楽しむ方もみられる。季節によって景色が大きく変わり、四季の節目節目に訪れる方が多いというのも納得だ。
 


著者撮影

広い境内には、本堂の他に地蔵寺、本堂に向かって開けた休憩場所も用意されている。木々が身をのりだすように寺院に降り注ぐ姿もみられる。

 

京都の苔寺や天竜寺の庭師がつくった「岩庭」


著者撮影

四季の花々だけでなく、瑞泉寺のいちばん奥に位置する仏殿の背後にある、夢窓国師作の「岩庭」はぜひみてほしい。

山の夢窓国師(むそうこくし)は僧侶だったが庭を作ることに才があり、京都の苔寺や天竜寺の庭園も作った。瑞泉寺の石庭は、夢窓国師が鎌倉石の岩盤に地形に合わせていくつもの窟が彫られた巧みな彫刻とされ、鎌倉期唯一の庭園として国の名勝にも指定されている。

 

著者撮影

深い緑がまるで咲くように境内に降り注ぎ、晴れた日も雨の日も、春夏秋冬違った表情を見せてくれる。自然と寺院の静けさが同居した壮観な光景は「これぞ鎌倉らしさ」と感じるものだ。駅からは少し歩くが、ぜひ四季折々に足を延ばして訪れてほしい。

INFORMATIONインフォメーション

鎌倉 瑞泉寺
住所:鎌倉市二階堂710
営業時間:9:00-17:00(通年) 入門は16:30まで
電話番号:0467-22-1191
URL:http://www.kamakura-zuisenji.or.jp/

WRITERライター情報
羽佐田瑶子
羽佐田瑶子

ライター。日本文化と食と寅さんを愛する87年生まれ。47都道府県を制覇、サブカルチャーから伝統文化まで、各地で出逢った“美しく、面白い日本文化”をライフスタイル誌等で執筆。フリーペーパーKAMAKURAにも在籍、鎌倉を中心に湘南のスポット&イベント情報をお届けします。
URL:http://yokoyamy.tumblr.com/

HOT WORD

注目キーワード

HOT WORD

注目キーワード

FEATURE

特 集

RANKING

今週のランキング

INSTAGRAM

Follow @shonanmag

MAGAZINE

フリーペーパーが出来ました

THE SHONAN MAG Vol.01
2015年10月発行

特集:湘南でカレー食べた?

FEATURE

特 集

AREA

エリア別