HOME
AREA
CATEGORY
HOT WORD
ABOUT US
FEATURE
閉じる

FLLOW US

HOME > 逗子 > 海鮮料理店「稲穂」

目利きが光る。相模湾を心から満喫できる海鮮料理

海鮮料理店「稲穂」

yuya | WRITER
WORD :
2015.03.07

読者のみなさま、相模湾でフグやハモが獲れることはご存知でしたでしょうか?
アジやサバ、しらすのイメージが強い相模湾…
こちらのご主人は相模湾の魚介類にこだわり抜き、相模湾産のフグやハモを振る舞ってくれます。

IMGP9975

ご主人は「旬を見極めること」に注力しておられ、
「旬を外した食材は需要が多くても翌年まで使わない」というストイックな姿勢です。

「1,000匹の中からもっとも優れた1匹を選び出す」目利きをもって、ベストな食材を仕入れているそうです。

IMGP9960

この度は予約のうえ、4,000円の【地魚寿司】のコースを頼みました。
豪快に乗っており、中々食べ応えがあります。

IMGP9969

まずは、平目を頂きます。

IMGP9971

エンガワもあるのが嬉しい!

IMGP9973
口の中で旨い脂がはじけ、気持ち良いコリコリした食感を満喫。

そして、次に頂いたのは、石鯛。

IMGP9970

江戸前鮨店では見かけないタネですが、これは旨い。
脂がとても乗っており、独特の香りを楽しみながら、深い余韻に浸ります。
こういった出会いがあるのが地物メインの寿司店の魅力。
ご主人の目利きは凄いなと、こちらを頂いて体感しました。

IMGP9975

肉厚な海老は、ほのかに温かいのが嬉しいです。
海老の甘みはやや温かみがあった方が伝わり易いように思います。

IMGP9976

そして、地物のいばら蟹の内子に出会えたのも収穫です。
いばら蟹は獲れる期間が非常に短く、漁獲量も少ない「幻の蟹」。
珍味的な味わいがあり、極めて旨い内子でした。

IMGP9979
穴子。

IMGP9983
巻物は石鯛とアオリイカを大葉で。

IMGP9978
椀もしっかり潮汁です。
安らぎます。

ここで気になる、地物のフグ(赤目フグ)を追加で頂きました。

赤目フグはトラフグほど有名ではありませんが、魚マニアの間では一番美味しいフグと呼ばれております。
トラフグは養殖物が多いものの、赤目フグは天然物のみなので、自ずと美味しいものに出会える。
当店では、その赤目フグをイケスから取り出し、僕一人のためにわざわざ捌いてくれました。
それが、2貫で900円と良心的な価格です。

IMGP9989

実は、僕はイケスのあるお店をあまり信用していないのですが、
当店はご主人の仕入れと管理が良いため、とても美味しいフグでした。
捌き立てで寝かせていないため身はプリプリですが、噛み締めると濃厚な旨味が舌を喜ばせます。

今回はお昼なので寿司を頂きましたが、
ここは是非とも夜に再訪しなければなと感じました。

正直なところ、寿司はシャリやガリが江戸前鮨とは異なります。
しかし、仕入れに対するストイックなこだわりが奏功し、心から満喫させてもらいました。

相模湾の新たなる魅力を発見できるお店。

夜に友達複数人で伺い、ご主人のお話をじっくり聞きながら杯を進めることを夢想してお店を去りました。
魚を丸々一匹使い、様々な部位を工夫して出すコースもあるそうです…

INFORMATIONインフォメーション

稲穂
住所:神奈川県三浦郡葉山町堀内625-12
営業時間:12:00〜21:00 定休日:月曜 ※不定休もあるそうなので要事前予約
電話番号:046-875-7803
URL:http://www1.odn.ne.jp/inaho/

WRITERライター情報
yuya
yuya

料理も愛するタベアルキスト。鮨、日本料理、中国料理、エスニック料理が特に好きです。ネットやメディアの情報だけでなく、信頼出来る友人や料理人の方の情報も参考にして食べ歩いております。美食との出会いは人生を輝かしくするものだと思いますので、ご参考になれば幸いです!
URL:

HOT WORD

注目キーワード

HOT WORD

注目キーワード

FEATURE

特 集

RANKING

今週のランキング

INSTAGRAM

Follow @shonanmag

MAGAZINE

フリーペーパーが出来ました

THE SHONAN MAG Vol.01
2015年10月発行

特集:湘南でカレー食べた?

FEATURE

特 集

AREA

エリア別